育毛剤の白髪を減らす効果について

育毛剤に白髪を減らす効果がある?

このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛剤を使っていたら白髪が減った、という声を聞くことがあります。果たして育毛剤に白髪を減らす効果はあるのでしょうか?結論から言うと、科学的には、育毛剤には白髪を減らす効果はないようです。

しかし、育毛剤には頭皮の血流を促し、髪の毛を作る細胞に栄養を与える効果があるため、何らかの理由で白髪が黒い髪の毛に戻るケースも確認されています。特に、若白髪の場合には、頭皮環境が改善されることで白髪も減ることがあるようです。

白髪になる原因は?


黒い髪の毛が白髪になる根本的な理由は解明されていないようです。黒い髪の毛の場合、毛根にメラニンを作るメラノサイトという色素細胞があるのですが、何らかの理由によりメラノサイトの働きが弱まったり、メラノサイト自体がなくなってしまうと、髪の毛が黒くならず、白髪になるのです。

メラノサイトの働きが弱まるのにはいろいろな原因があります。例えば睡眠不足、運動不足、ストレス、喫煙、血行不良、コラーゲンの不足、不規則な生活習慣、バランスの悪い食事、老化などです。喫煙は白髪の原因になるので控えましょう。

白髪をなくしたいならどんな育毛剤がいいか


最初にお話したとおり、育毛剤には白髪を減らす効果はないので、あまり期待しない方がいいのですが、頭皮の血行不良や毛母細胞の栄養不足が原因になっている白髪であれば、育毛剤による改善の可能性もゼロではないかもしれません。

その場合、頭皮環境を整えてくれる育毛剤を選ぶと良いでしょう。特に、血流を促す成分が配合されているもの、毛母細胞を活性化させてくれるもの、毛根に栄養を与えてくれるものなどがおススメです。

白髪を減らすために心がけたいこと


10代や20代と、若いのに髪の毛が白くなってしまった若白髪であれば、生活習慣を改善することで減っていく可能性が高いです。ストレスの原因となっていることがあれば解決に向けて誰かに相談してみましょう。睡眠時間はきちんととり、食事はタンパク質、ビタミン類をきちんと摂るようにしましょう。

頭皮の血流を促すためには、リラックスすることや軽い運動が役立ちます。毛根は早ければ20代半ばごろから老化が始まります。もしも白髪や抜け毛が気になるなら、生活習慣の改善と共に早めに育毛剤を使用するのもいいかもれません。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加