育毛剤の女性の利用について

育毛剤は女性でも使える?ほとんどは男女兼用?

このエントリーをはてなブックマークに追加

抜け毛や薄毛は男性だけの問題ではありません。女性でも抜け毛に悩む人はいます。男性の薄毛の原因は、男性ホルモンの分泌過多によってもたらされるケースが多いですが、女性の場合も男性ホルモンの影響(女性の体にも男性ホルモンは微量だが存在する)で薄毛になるのが主な原因である、という点は共通しています。

もちろん、それ以外の理由で薄毛になってしまう人もいます。果たして女性に男性用の育毛剤は効果があるのでしょうか。

基本的に育毛剤は男女兼用である


育毛剤で髪が生える理由を簡単に説明をすると、「頭皮や毛穴に栄養を与えて、新たな毛髪を生み出す」という仕組みです。従って男性でも女性でも、育毛剤により毛髪を生み出すための栄養が頭皮に与えられるわけですから、性別に関係なく効果が見込めるのです。

また、男性の抜け毛の主な原因は男性ホルモンの過剰分泌ですが、女性の抜け毛もストレスやさまざまな要因で女性ホルモンの分泌が少なくなってしまい、相対的に男性ホルモンが優位になってしまうために引き起こされる場合が多いです。

つまり、男性も女性も抜け毛の主な原因は男性ホルモンの分泌量が増えることによる「頭皮の皮脂の増加」、「髪の素になるタンパク質の減少」にあるので、それらを改善することで新たな毛髪を生み出すことができる男性用の育毛剤(正確には男女兼用の育毛剤)は、女性が使っても十分な効果が見込めるわけです。

最近は女性向けに、女性の肌などにやさしい育毛剤が発売されています。ただし、口コミ評価も高く、人気のある育毛剤は圧倒的に男性用(正確には男女兼用)のほうが多いわけですから、それらの育毛剤を試してみたいなら、あえて女性用の育毛剤に拘る必要はないということです。

ただし一部の育毛剤は男性専用なので注意!


育毛剤の中には肌への刺激の強い物や、ホルモン系に過剰に作用してしまうものがあります。刺激の強いものは、「女性が使うと敏感肌になりやすい」ということでの注意にとどまりますが、「フィナステリド」という成分が配合された育毛剤は男性向けに特化していて、女性がそれを塗るとホルモンバランスが影響を受けて、体調がおかしくなります。

また、妊婦さんが使用するとお腹の赤ちゃんに悪影響(先天的な障害など)が出るという報告もあります。ほとんどの育毛剤は男女兼用ですが、すべての育毛剤が男女兼用ではないということに注意してください。

PS.女性専用の育毛剤の特徴については、女性用育毛剤まるわかりを参照ください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加