錠剤タイプの育毛剤について

錠剤タイプの育毛剤ってどう?

このエントリーをはてなブックマークに追加

頭皮に塗布するタイプの外用育毛剤は医薬部外品に分類され、インターネット通販やドラッグストアやなどで手軽に購入することができます。それに対して錠剤タイプの育毛剤は医薬品に分類されており、入手するのに医者の処方箋が必要になります。

錠剤タイプの育毛剤は、塗布するタイプの育毛剤と比較して発毛効果が高いと言われていますが、一方で、多毛症や性欲減退、うつ病の発症、発がんのリスクなど、副作用も懸念されています。そのため、まずは塗布するタイプの育毛剤を使い、効果が見られない場合に限って病院へ行き、錠剤タイプの育毛剤を試してみるケースが多いです。

錠剤タイプの育毛剤の種類


錠剤タイプの育毛剤の成分は主に2種類で、ミノキシジルとフィナステリドです。以下、それぞれの効能について説明いたします。

ミノキシジル

もともと高血圧の薬(降圧剤)として処方されており、効果としては血管を拡張させて毛細血管の血流を促す作用があります。ミノキシジルを服用すると、体の末端まで血流が良くなり体毛(髪の毛も含む)が増えてきます。副作用としてもっとも多いのが多毛症で、動機に悩まされることもあります。ミノキシジルは、血圧に問題のある人、心臓が弱い人などは深刻な副作用を招く恐れがあるので、服用を控えなければなりません。

スポンサーリンク


フィナステリド

男性ホルモンの働きを抑制する薬です。男性ホルモンの働きが抑制されると、毛穴の過剰な皮脂の分泌が抑えられ、毛根に十分な栄養素が運ばれるようになるため、新毛が生えやすくなります。

また、現存している髪の毛を丈夫に保つ働きもあります。副作用としては、性欲減退、精子の減少、勃起不全、肝機能の低下、うつ病の発症、発がんのリスクなどが挙げられます。

注意点として、未成年者や女性は服用ができません。

錠剤のメリットとデメリット


男性型脱毛症の場合、問題の原因となっているのは男性ホルモンの仕業です。根本である男性ホルモンを抑制するのに、頭皮に塗布するタイプの育毛剤よりも飲むタイプの育毛剤の方が高い効果が得られるのは納得できることです。一方で、飲むタイプの育毛剤は副作用が心配、というのがデメリットです。

また、効果が表れたから服用をやめて良いかというとそうではなく、効果を持続させるためには服用を続けなければならないというのが実情です。

継続しなければならない、というのは頭皮に塗布するタイプの育毛剤でも同じなのですが、錠剤は値が張るので経済的にちょっと痛い、長期の服用は健康を害するというのが難点です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加