育毛剤と不妊の関係について

育毛剤が不妊の原因になることも?

このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛剤の使用が男性不妊の原因になることがあるようです。これは、育毛剤の成分が男性ホルモンを抑制する働きがあるためで、それによって精子の働きに異常が生じ、受精しにくくなってしまうことによります。

お子さんを希望されている場合、このような影響のある育毛剤は使用しないことが望ましいです。

大前提として塗るタイプの育毛剤は問題なし


不妊についてですが、まず頭皮に塗るタイプの育毛剤については問題ありません。頭皮に塗るタイプの育毛剤は、あくまでも頭皮や毛穴周囲の環境を改善し、発毛を促す作用しかないためで、精子云々にはまったく作用を及ぼさないためです。内分泌系、生殖系器官には影響しないということですね。

もし、塗るタイプの育毛剤を使用していて男性不妊の可能性があるなら、それは育毛剤は関係なく別のところに原因がありますので、しっかりとした検査を受けてください。

飲むタイプの育毛剤が問題です


問題は飲むタイプの育毛剤です。飲むタイプの育毛剤は医薬品に分類され、体の中から抜け毛の原因となる男性ホルモンを抑制します。

男性ホルモンが抑制されるということは、男性機能も抑制されるということですので、結果として精子の働きが弱くなったり、薄くなったりすることが原理的にありえます。精子の減少、機能の低下を戻すためには、育毛剤の服用を止める必要があります(原因がそれなのですから)。

全ての男性に影響が出るわけではありませんが、このような男性ホルモンの乱れは起こり得るものだと理解してください。また、それは精子の働きだけにとどまりません。男子ホルモンの乱れは、そのまま性機能の乱れにもつながります。性機能障害が出てしまう可能性もあるのです。

勃起や射精に障害が出てしまうと、そもそものセックス自体が不可能になってしまいます。このような広い意味での妊娠へのリスクが生まれる可能性があると理解してください。飲むタイプの育毛剤は医薬品に分類されるため、効果も大きいですが、副作用も大きいということを考えさせられる事例ですね。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加