敏感肌の人の育毛剤の利用について

育毛剤は敏感肌でも使える?

このエントリーをはてなブックマークに追加

基本的に、育毛剤は敏感肌の人でも使えます。しかし、中にはミノキシジルのような強めの成分によって地肌が痒くなってしまったり、防腐剤などの添加物が原因で肌荒れを起こしてしまうこともあるようです。敏感肌で心配なら、購入前に育毛剤の販売サイトを通し、敏感肌でも使えるのか問い合わせるなどして確認をすると良いでしょう。

敏感肌の人はこの成分に注意!


敏感肌かどうかにかかわらず、頭皮や毛根の健康のためを考えると、余分な成分が含まれていないのが理想です。余分な成分、つまり添加物にはどんなものがあるのか挙げてみます。

合成香料

表示を見て「香料」と書かれていたら要注意。確かに良い香りの育毛剤は使っていて気持ちがいいものですが、頭皮を刺激から守りたいなら無香料が一番です。

合成着色料

これは育毛剤に色を付けるための添加剤です。1,000人中60人弱の人にアレルギー反応が表れる可能性があるため、敏感肌なら注意が必要です。

防腐剤(パラベン)

パラベンはそれほど有害な成分ではありませんが、まれにアレルギー反応を起こす人がいるので、敏感肌であれば注意が必要です。アレルギーを起こす人の割合は1,000人に2人程度と大変少ないですが、肌荒れが心配なら避けるのが無難でしょう。

パラベンフリーと表示してあっても、パラベンの代わりに他の防腐剤を使用しているケースもあります。例えばフェノキシエタノールなどです。肌が弱く、荒れるのが心配なのであればこれも避けるのが無難でしょう。

敏感肌のための育毛剤の選び方


最初にお話した通り、基本的に育毛剤は敏感肌でも使えます。しかし、できるだけ敏感肌に向いている育毛剤を選ぶために、知っておくと良いポイントについてお話します。敏感肌の場合、上記でご説明した添加物や、ミノキシジルなどの刺激が強い成分が含まれた育毛剤は避けましょう。

また、敏感肌の場合、育毛剤は保湿成分が含まれているものを選ぶと良いでしょう。また、お肌を丈夫にするために血行改善の作用を持っている育毛剤を選ぶのも良いでしょう。保湿と血行改善の両方を兼ね備えている育毛剤も存在しています。こういった育毛剤なら、育毛と同時に頭皮のスキンケアができるでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加