海外の育毛剤の個人輸入について

海外の育毛剤は簡単に個人輸入できる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、海外でしか販売されていない育毛剤(医薬品に指定される錠剤タイプの育毛剤)であっても、オンラインの個人輸入代行業者を通して簡単に購入できるようになりました。個人輸入でなら、国内では認可されていない強めの育毛剤も問題なく手に入れ、使うことができます。

海外の育毛剤が人気の理由


海外、特に欧米諸国では、日本人と比較して薄毛に悩んでいる人が多く、その分育毛剤の開発も進んでいます。また、欧米の育毛剤は日本で開発・製造されている育毛剤と比較して育毛効果が高い、とも言われています。そのため国内では、海外の育毛剤を個人輸入して使用する人が増えています。

国際的にみると、日本の薬に対する安全基準値は大変高く設定されており、検査も厳しい傾向にあります。欧米では広く一般的に使用されている薬品も、日本においては体に有害であると判断され、厚生労働省に認可されずにいるものもあります。しかし、そうした薬品ほど育毛効果が高い傾向にあるため、効果を求めて海外の育毛剤を使用する人が増えているのです。

スポンサーリンク


海外の育毛剤を使うときの注意点


海外の育毛剤は強い成分が含まれていることが多く、成分の濃度も高めになっていることが多いです。その理由は、一つには先ほどもお話した通り、欧米の薬品に対する安全基準値が日本に比べて低めであるため、もう一つは、欧米人は日本人と比較して体が大きいためです。

欧米の育毛剤は体の大きな欧米人用に製造されているため、それを日本人が同じ使用量で使うと副作用(多毛症、性欲減退、肝機能障害、発がん性リスクなど)が強く出てしまうことがあるので注意が必要です。さらに、厚生労働省によって認可されていない薬品を個人輸入する場合、重篤な副作用が出たとしても個人の責任となり、国の保証を受けることはできません。

このようなリスクを考えると、まずは日本メーカーの育毛剤を最初に試して、それでも効果がない場合に海外の育毛剤の利用を検討したほうがよいでしょう。

医薬品の個人輸入には量に制限がある


知っておきたいこととして、医薬品として扱われているものを個人輸入する場合、輸入量に制限が設けられています。これは育毛剤でも同じです。頭皮に塗布するタイプの育毛剤であっても医薬品として扱われるものの場合、1回の注文で購入できるのは1か月分までの量です。

家に居ながらにして海外の物を購入できるなんて、とても便利ですね。海外の育毛剤を使用する時には、注意点などをよく確認した上で慎重に購入、使用しましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加