薄毛の予防のための育毛剤の利用について

育毛剤は薄毛の予防のために使うのもアリ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛剤は、薄毛の予防としても活用できます。抜け毛が気になったら、早めに使い始めると薄毛になるのを効果的に防止することができます。特に男性型脱毛症などは遺伝とも関係しています。

父親や祖父、男兄弟が薄毛なら、自分も薄毛になる可能性が高いです。20代から薄毛予防として育毛剤を使い、健康な髪の毛を守るのは得策と言えます。

抜け毛予防に効果のある成分は?


薄毛の予防段階なら、刺激の強い発毛剤などを使うのではなく、頭皮環境を整えることを目的とした育毛剤によるケアがおススメです。

自分の頭皮の状態をよく観察し、抜け毛の原因を突き止めて、頭皮状態を改善してくれる育毛剤を見つけましょう。以下、頭皮を観察するときのチェックポイントと、効果のある成分についてご紹介します。

頭皮がカサカサしている。赤みを帯びている。かゆい。

この場合、保湿成分が含まれた育毛剤を使いましょう。保湿成分にはヒアルロン酸、アロエエキス、プラセンタエキス、トレハロース、イチョウ葉エキス、ローヤルゼリーエキス、アセロラエキス、ビワの葉エキス、ドクダミエキス、米ぬかエキスなどが挙げられます。

頭皮が臭う。フケが出ている。赤みを帯びている。かゆい。

頭皮に雑菌が繁殖しやすくなっている可能性があります。育毛剤は、殺菌作用のある成分が含まれたものを選ぶと良いでしょう。殺菌作用がある成分にはドクダミエキス、ヒノキチオール、ココナツオイル、イソプロピルメチルフェノール、サリチル酸などが挙げられます。

髪の毛を洗ってから30分もたっていないのに頭皮が脂ぎっている。

皮脂分泌が過剰になっています。皮脂分泌を抑制する成分の入っている育毛剤を選びましょう。皮脂分泌を抑制する成分にはオドリコ草、イオウ、カシュウ、グリチルリチン酸(ジカリウム)、ビタミンB6、ホホバオイルなどがあります。

頭皮に弾力がなく、固い。

頭皮の毛細血管が細くなり、血流が減っている可能性があります。血行を促進する成分が含まれた育毛剤を選びましょう。血流を促進する成分にはミノキシジル、ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)、センブリエキス、ニンジンエキス、セファランチン、ニンニクエキス、タンジン、センキョウ、 サンショウ、オウギ、カンキョウコウカ、トウキ、イチョウエキス、ジアルキルモノアミン誘導体、ショウキョウなどがあります。

自分の頭皮状態にあった育毛剤を見つけ、頭皮をケアして抜け毛を予防しましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加