育毛剤の妊婦の利用について

育毛剤は妊婦でも使える?

このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛剤には、飲むタイプ(錠剤タイプ)のものと頭皮に塗るタイプのものがあります。まず飲むタイプの育毛剤は、薬品ですから妊婦さんは服用ができません。

もしも妊婦さんが、飲むタイプの育毛剤を服用すると、奇形児が生まれるリスクが高くなってしまうことが分かっています。頭皮に塗るタイプの育毛剤に関しては、基本的に妊婦さんでも使用できます。

妊婦さんが育毛剤を使うときの注意点


頭皮に塗布するタイプの育毛剤は妊婦さんでも使用できますが、注意点があります。それは、ミノキシジルなど強い成分が含まれた育毛剤は使いすぎてはいけない、ということです。

塗布タイプの育毛剤は、内服薬と違って成分が体内に吸収されて体中を巡る、ということはありませんが、少なくとも頭皮表面の毛細血管に浸透し、その結果として血行を促します。

ミノキシジルの濃度が高い育毛剤は、使い過ぎると、僅かではありますが成分が血流に乗ってしまう可能性があるため、妊婦さんは注意する必要があります。

妊婦さんがミノキシジル配合の塗布タイプ育毛剤を使う場合、男女兼用か女性用であることを必ず確認し、量を控えめに使用するようにすると良いでしょう。

男女兼用か女性用の育毛剤は、ミノキシジル入りのものであっても濃度が低めに抑えられており、比較的ソフトに作用するからです。

妊婦さんにおススメの育毛剤は?


ホルモンバランスが大きく変化する妊娠中は、とかく髪の毛のトラブルが起こりやすいものです。なぜなら、髪が生えて抜け落ちるまでのヘアサイクルはホルモンバランスの影響を受けやすいからです。一般に、女性ホルモンはヘアサイクルの期間を伸ばし、髪を抜けにくくします。

妊娠中は女性ホルモンがエストロゲン・プロゲステロン共に増えるため、髪が抜けにくくなり、髪の量が増えることが多いのですが、中にはヘアサイクルが乱れたことが原因で抜けやすくなることもあるようです。

ホルモンバランスが安定してくれば抜け毛は減り、髪の量も元に戻るのが普通です。しかし、何か月も変わらないなら、育毛剤の助けを借りるのも良いかもしれません。

その場合、女性ホルモン作用を持っている“オウゴンエキス”や“ヒオウギエキス”が配合された育毛剤を使うと良いかもしれません。同時に休息をよくとり、頭皮をマッサージするなどして血流を促しましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加