育毛剤の使い方について

育毛剤の使い方とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは頭皮に塗るタイプの育毛剤の使い方について、詳しく解説していきます。ただ漫然と頭皮に塗るだけでは大きな効果は期待できず、医薬部外品(医薬品に分類されるのは飲むタイプの育毛剤)とはいえ、育毛を促進する成分が入っているわけですから、使い方を誤ると逆効果にもなりかねません。そのようなことの無いように、ポイントを絞って解説していきます。

育毛剤使用の流れ


どういう流れで育毛剤を頭皮につければよいのか。気が向いた時に何となく頭皮に塗るような使い方では効果は期待できません。

@シャンプーで洗髪します

まず、頭皮を清潔にすることから育毛は始まります。シャンプーによって髪だけでなく頭皮の汚れや、毛穴に詰まった余分な皮脂も落とすことができます。シャンプーは、育毛剤が頭皮に浸透しやすくなるために必要ですが、毛穴をキレイにすることで抜け毛のリスクを減らすもできます。

A育毛剤を塗る

髪の毛に塗るのではなく頭皮に塗るようにしてください。育毛剤を塗る前に髪を乾かす必要があるかどうかは、その育毛剤によって違うので説明書の指示に従ってください。過剰にベタベタと塗りすぎることは逆効果ですので注意してください。適量を守ることが大切です。

B頭皮をマッサージする

塗った後は頭皮をマッサージします。手でやさしく育毛剤を頭皮に摩り込みようにしてください。ブラシで頭皮を軽くたたくのもOKですが、傷がつくほどやってはいけません。

育毛剤を塗るタイミング


最後に育毛剤を塗るタイミングですが、朝ではなく夜に塗ってください。夜のシャンプー後のほうが頭皮もキレイ(整髪料を塗ってないので)で、毛穴に浸透しやすいということもありますが、一番の理由はホルモンバランスとの関係です。髪の毛を成長させるホルモンは夜の10時〜午前2時頃に多く分泌され、その時間帯に頭皮に育毛剤が塗られていることが発毛を促すことにつながります。

また、その時間帯に眠っているとより効果的です。夜8時頃にお風呂に入って、9時頃に育毛剤を塗って、10時過ぎには眠る。このリズムが作れれば育毛剤の効果を最大化できるでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加