育毛剤と発毛剤の違いについて

育毛剤と発毛剤の違いとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛改善のための育毛剤を探していると、“育毛剤”と“発毛剤”があることに気づきます。これら二つにはどのような違いがあるのでしょか?簡単に言うと、“育毛剤”には現在生えている髪の毛を太くし、丈夫にする効果があります。

ちなみに「現在生えている髪の毛」には産毛も含まれます。それに対して“発毛剤”には脱毛してしまった毛穴から髪の毛を生やす効果があります。ただ、“育毛剤”として売られていても実際には発毛剤としての効果もあるものがほとんどのため、明確に区別されていないのが実状となっています。

それを踏まえた上で、以下、“育毛剤”と“発毛剤”それぞれの効果についてもっと詳しくお話したいと思います。

育毛剤の主な効果について


育毛剤として開発された商品には、主に以下のような効果が期待できます。

  • 頭皮の血行を促して、毛乳頭に栄養が行き渡るようにする
  • 毛母細胞や毛根細胞の新陳代謝を良くし、髪の毛を丈夫にする
  • 保湿成分によって頭皮を乾燥から守る
  • 頭皮を清潔に保ち、炎症を抑える

上記のように、育毛剤は頭皮環境を整え、髪の毛を太く丈夫にしてくれます。

発毛剤の主な効果について


発毛剤として開発された商品には、上に記述した育毛剤の主な効果にプラスして、毛母細胞の新陳代謝を促して活性化させ、元気な髪の毛を作れるように促す効果があります。

どちらを使ったらいい?


結論から言うと、育毛剤でOKです。冒頭でも説明をしましたが、現在は育毛剤も発毛剤も明確に区別されていません。そのため、育毛剤として売られているモノを選べば、育毛効果だでなく発毛効果もありますので、今は生えている毛を丈夫にすることができますし、毛穴から新たな毛を生やすこともできます。商品を選ぶ場合は、育毛剤か発毛剤かの違いに拘る必要はありません。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加