育毛剤のつけすぎについて

育毛剤のつけすぎは良くない?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はい、その通り。育毛剤はつけすぎてもよくありません。効果がわからないどころか逆効果で、毛が抜けてしまうことすら可能性としてありえます。育毛剤をつける場合は用法用量を正しく守って使用することが大切です。

育毛剤の作用について


育毛剤は頭皮に塗布することで、発毛に必要な栄養を与えるとともに、適度な刺激を頭皮や毛穴に促すことで、細胞分裂や新陳代謝を活発にして発毛につなげます。血行が良くなったりするのはその効果の1つですが、血行が良くなれば頭皮に対しての刺激も強くなります。

適量を頭皮に塗っている限りは問題ありませんが、つけすぎてしまうと、そうした刺激が過剰になってしまう可能性があります。刺激が過剰になると、物理的なダメージが頭皮や毛根に加わることになりますから、逆に薄毛、抜け毛を促進してしまうこともありえるのです。

スポンサーリンク


そもそも、育毛剤の成分は一定量以上塗っても、頭皮に刺激だけ与えるだけで、育毛成分の毛根への浸透はそれほど変わりません。要は無駄になってしまうということになります。育毛剤はどれも高価ですし、もったいないので意味のないことはやめましょう。

つけすぎの副産物


育毛剤をつけすぎると、刺激が強くなりすぎてしまうことは上記で説明をしましたが、つけすぎると育毛剤がなかなか乾かないということになりますので、頭皮が皮膚呼吸できなくなります。当然、これは逆効果ですよね。乾かすにも時間がかかるので、いいことはありません。

また、育毛剤のニオイもつけすぎればその分強くなります。育毛剤はただでさえ周囲に気を使うニオイですので、それが強くなってしまうことは周囲からしても好ましいことではありません。育毛剤への周りの人の理解を得るためにも、つけすぎてニオイを強くすることは得策ではありません。

そして、何といっても経済的によろしくないということを最後に挙げておきます。つけすぎても効果が変わらないのに、無駄にお金が掛かるようなことをわざわざする必要はありません。その分、育毛に関するほかの取り組みにそのお金を充てるべきです。

そうしたことについても、育毛剤メーカーの問い合わせ窓口で相談を受けてくれますので、不安ならば聞いてみてください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加