大学生の育毛剤の利用について

育毛剤は大学生でも使える?

このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛剤は、大学生でも使うことができます。年齢制限があるのは医薬品に分類される錠剤タイプの育毛剤(飲み薬)、つまり男性ホルモンを抑制するタイプの育毛剤ですが、これも20歳を過ぎていれば病院で処方はしてもえます。

ただし、病院で処方される錠剤タイプの育毛剤には、性機能障害、肝機能障害、発がん性リスク、うつ病の発症、など様々な副作用が報告されており、大学生のうちから使うべきか?というと、「?」マークが頭に浮かんでしまいます。

育毛剤はいつから使えばいいか


医薬品に分類されている錠剤タイプの育毛剤は未成年者には処方されませんが、医薬部外品としてネット通販などで販売されている頭皮に塗布するタイプの育毛剤には年齢制限がありません。

頭皮に塗布することで、毛根に栄養を与えるタイプのものや潤いを与えるタイプのもの、頭皮の血流を促すタイプのものは子供であっても使えます。遺伝的に薄毛になりやすくて、将来の姿が心配なら、10代のうちから使用しても問題ありません。

ところで、育毛剤は一般的に何歳から使う人が増えるのでしょうか?一般に、毛根の退化は20代後半ごろから始まります。早い場合には20歳前後から始まるケースもあります。育毛剤はその頃から使うようになる人が多いようです。

育毛剤は脱毛予防として使うのがおススメ


丈夫な髪の毛は健康な頭皮と活発な毛母細胞があってこそ作られます。薄毛に悩み始めると、そこから健康な頭皮や毛母細胞を取り戻すのはなかなか大変なことです。効果が表れるまで、2ヶ月、3ヶ月はかかるでしょう。ですから、本気で薄毛に悩むようになる前から育毛剤を使うのがおススメです。

あまり薄毛が目立っていない時点で育毛剤を使い始めるなら、病院で処方される作用が強い錠剤タイプの育毛剤でなくても十分でしょう。抜け毛を防ぐなら、保湿や血流を促すタイプの育毛剤がオススメです。育毛剤で頭皮環境を整えることにより、丈夫な髪の毛を育てることができます。

男性型脱毛症は早めの対処が肝心


男性型脱毛症の場合、遺伝的な要素が大きいため、親戚に薄毛の人が多いなら早めに対処を始めましょう。男性型脱毛症のほとんどは、ひたいの生え際やつむじあたりから始まります。

そのあたりを観察して薄毛が気になり始めたなら、保湿や血行促進により頭皮環境を整えるだけでなく、発毛作用のある育毛剤など、強めの効果が期待できる育毛剤を選んで使うと良いでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加