育毛剤の役割と頭皮への栄養補給について

育毛剤の役割は頭皮への栄養補給?

このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛剤には、その効果が表れるメカニズムとして大きく2つの作用があります。1つ目が「頭皮に栄養を与えて、毛根の細胞を活性化させる」、もう1つが「頭皮の過剰な皮脂などの育毛の邪魔になる要因を阻害して、抜け毛の原因となっている頭皮の環境を改善する」作用です。

前者は「内科的」後者は「外科的」なアプローチで、育毛に立ち向かうとイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。

栄養補給はどんな成分を補給するのか


一口に「栄養補給」といっても食べ物のようにあらゆるものを頭皮に塗る必要はありません。あくまで、頭皮の新陳代謝が活性化し、毛が生えてくるような栄養素を補給してあげることが大切になります。具体的な成分としては、ビタミンや亜鉛、システインといった栄養を補給してあげることで育毛につなげます。

スポンサーリンク


各育毛剤によって、どの成分がどの割合で配合されているのか異なりますので、ご自身の頭皮に合ったものを見つけるには、いくつか使ってみないと判断できない場合もあるでしょう。

傾向としては、「総合漢方薬」的にバランスよく栄養素が配合されている育毛剤を購入する人が多いです。自分に合う育毛剤を探すには、人気のある育毛剤から順番に試してくのが手っ取り早いかもしれませんね。

頭皮の状態を把握することも大切


男性の抜け毛の原因は、主に男性ホルモンの働きが原因による頭皮の栄養不足(特にタンパク質)によるものですが、抜け毛を助長しているのは必ずしも頭皮の栄養不足だけではありません。

極端に頭皮が乾燥していたり、頭皮に吹き出物ができていたりすると、それが要因となって毛が抜けてしまうこともあります。

その場合、例えば保湿成分のある育毛剤や、頭皮の余分な皮脂をより強力に除去する育毛剤のほうがより効果的ということもありえます。特定の育毛剤を使ってもなかなか効果が表れない場合は、ご自身の頭皮の状態をよく把握すことが大切かもしれません。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加