育毛剤を利用できる年齢はについて

育毛剤を利用できる年齢は?若いうちからでも使える?

このエントリーをはてなブックマークに追加
市販されている頭皮に塗布するタイプの育毛剤は、若いうちから(未成年)でも利用可能です。市販の育毛剤には、特に年齢制限はありません。

ただ、医薬品に指定される錠剤タイプ(飲むタイプの育毛剤)の育毛剤は、原則として20歳以上でなければ利用できません。

なぜ年齢制限のある育毛剤があるのか?


そもそも髪が抜けてしまうのは男性ホルモンの働きによるものです。

医薬品に指定されている錠剤タイプの育毛剤などは、特に男性ホルモンの働きを内側からで調整する効果がありますが、若い人(高校生くらいまで)は思春期などでホルモン(男性ホルモンに限らず)の分泌が非常に盛んです。

スポンサーリンク


そうした中で、ホルモンのバランスをいじる育毛剤を使ってしまうと、ホルモンバランスが大きく乱れて、単に髪だけではなくその他の健康面や成長にも影響が出てきてしまいます。従って、このようなホルモンへの影響が大きい錠剤タイプの育毛剤の中には、使用できる年齢を制限しているものがあります。

若いうちは基本的に細胞の新陳代謝が活発ですので、抜け毛の原因は男性ホルモンによるものではなかったり、一時的なものかもしれません。慌てずに落ち着いて対処しましょう。皮膚科を受診して、抜け毛の原因について医師に相談をしてみるのも1つの方法です。逆に成人の方の育毛剤の使用については、特に大きな制限はありません。

ただし、継続的に服用している薬(高血圧や糖尿病の薬など)がある方で、医薬品に指定される錠剤タイプの育毛剤を試したい場合は、組み合わせによっては思わぬ副作用が現れることもあるため、念のため医師に聞くなどしてください。

制限がなくてもなるべく刺激の少ないものを選びましょう


年齢制限のない頭皮に塗布するタイプの育毛剤でしたら若い人でも使用することはできますが、新陳代謝が活発だということは肌のトラブルも多いのです。塗りすぎて頭皮に吹き出物などができてしまうと逆効果です。なるべくなら天然由来成分のものや刺激の少ないものを選びましょう。抜け毛への対応は早いほうがよいので、気になり始めたら育毛剤を使って頭皮環境の正常化を図りましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加